オリジナル7-100発売中!

(マスコットは非売品)

神戸のブラボーしろうさま

エレファンテイルご愛用!

タバコケースアンプ

ボリューム付仕様始めました!

*懐かしのギャラリー

Original Pignose 7-100
Guitar Player誌 1977年

MESA/Boogie SANTANA Guitar Player誌 1981年

Greco EGF-1200

Sunburst Lady 1981年

Mosrite Japan 70's

The Ventures Model

*BCB-6 を、ベーシスト必須の要塞とする!

※ 仕様・価格を設定中につき、しばらくお待ちください。

※右端の PSM-5 以外の BOSSエフェクターは、セッティング例です。

 商品には含まれません。

ベーシストにとって必要な機能と、使いやすさを考えてみました。

 

1.インプットセレクター(楽器の選択機能)

フレットレス・ベースを併用される方も、珍しくなくなりました。

また、エレアコ・ベースや、エレクトリック・アップライトベースなど、フレッティド(通常のフレット付)との持ち換え機能を持たせました。

 

フットスイッチは、入力側の切り換えに働きます。出力側は、2系統のパラ・ボックスとなっており、チューナーへの信号を独立して出せるよう、アクティブ回路を用いています。

2.バッファーアンプ(ラインドライバー)

エフェクターを直列で数台つなぐ際の、音やせ防止策です。

音やせだけではなく、レベルの補正にも効果があります。

 

フットスイッチは、バッファーの ON/OFF の切り換えではなく、

チューナーのみに信号を送る、ミュート(消音)として働きます。

※バッファーは ON/OFF するものではありません。

3.ミニ・エフェクター搭載スペース

BOSSの標準サイズのエフェクターに加え、Studio楽庵・特製のミニ・エフェクターを搭載できます。

 

エフェクターに限らず、アンプに内蔵されたイコライザー等の、ON/OFF を切り換えるフットスイッチにすることも、可能です。※写真はベース用のオートワウです。

4.ジャンクション・ボックス(アウトプット端子 & 電源入力端子)

BCB-5 BASS要塞 への給電とアンプへの出力は、左端に配置されたこのジャンクション・ボックスより行います。
ACアダプタは、右上の黒い入力用の端子に接続し、他の4個はエフェクターへの給電に使用します。黒い入力用端子には、誤って極性が反対のACアダプタを接続してしまった際の、保護ダイオードが内蔵されています。

アウトプット端子は、PSM-5 からの出力をここで中継し、セッティングを簡単にするために、設けられています。

5.TU-8 チューナーを標準装備

現行製品ではありませんが、ベース・モードが付いて5絃ベースまで対応できる BOSS TU-8 を、チューナーとして装備しました。