オリジナル7-100発売中!

(マスコットは非売品)

神戸のブラボーしろうさま

エレファンテイルご愛用!

タバコケースアンプ

ボリューム付仕様始めました!

*懐かしのギャラリー

Original Pignose 7-100
Guitar Player誌 1977年

MESA/Boogie SANTANA Guitar Player誌 1981年

Greco EGF-1200

Sunburst Lady 1981年

Mosrite Japan 70's

The Ventures Model

武蔵野の小さな工房から

Fernandes ZO-3P “レゲエスペシャル” いかがですか!

ごめんなさい、売り切れとなりました。また製作しますので、しばらくお待ちください。
ごめんなさい、売り切れとなりました。また製作しますので、しばらくお待ちください。

“便利で使える小物たち” はじめました!

 Pignose 7-100用 レベルアジャスター
 Pignose 7-100用 レベルアジャスター
ZO-3用 外付トーンコントロール
ZO-3用 外付トーンコントロール

ポータブル9V電源(ポーチ付電池ケース )
ポータブル9V電源(ポーチ付電池ケース )
ポータブル・ケーブルチェッカー
ポータブル・ケーブルチェッカー

Pignose 7-100(ピグノーズ 7-100)

修理・販売・カスタマイズ 承ります!

Studio楽庵(スタジオ・がくあん)は、中古楽器(エレキギター、ベース、関連機材)の販売・カスタマイズを行っている工房です。

 

エレキギターやベースを買いたいけれど、初めてなのでわからない方。

お子様に、良質の入門用ギターを探されているご家族の方。

リーズナブルかつ確実な楽器を探しているミュージシャン。

Studio楽庵の商品をご検討ください。

清掃・点検に留まらず、劣化した部品は交換したうえで全体を調整し、新品と変わらない性能をお約束します。

 

Studio楽庵では、確実な仕様・性能と扱いやすさにこだわります。

スタンダードと称される楽器や機材たちが、なぜそういう評価を得られたのかをいつも考え、どんな些細なことであっても、プレイヤーから信頼されるエッセンスとして採り入れるよう、心がけます。

 

ジャパン・ヴィンテージと称される、1970~90年代の日本製ギターには、プレミアのつく著名なギター以外にも、つくりの良いモデルがたくさんあります。

有名・無名に関わらず良いものを紹介し、あるものはカスタマイズして特徴を持たせて行きたいと考えています。

ダンボールを素材に、工場や工房で見かける箱形のギタースタンドを作ったことがありました。

→ 今も現役で活躍中!

製作当時の過程を撮影したデータが出てきましたので、工作方法を併記して公開します。

ご興味のある方は、ぜひトライしてみてくださいね。写真をクリックすると、記事に飛びます!

店主の心に残る、武蔵野の面影

青梅街道に沿って広がる屋敷森と、新田の区画を今に伝える畑作地(2000年頃)
青梅街道に沿って広がる屋敷森と、新田の区画を今に伝える畑作地(2000年頃)
玉川上水に沿って続く雑木林を遠望
玉川上水に沿って続く雑木林を遠望
初冬の屋敷森
初冬の屋敷森

※現在は宅地化+区画整理されており、失われた風景となりました。

店主の心に残る、武蔵野の面影 その弐

2017年11月初頭のこと。所用があって、自転車で西武新宿線の小平駅方面へ出かけたとき、新青梅街道から小平霊園を横切ってバイパスしたのですが、黒目川の幻の水源と言われる「さいかち窪」からこんこんと水が湧き出ているのに遭遇しました。

何回もここを通ったことはありますが、水流を見たのは初めてです。

約束の時間まで僅かに余裕があったので、夢中で写真を撮りました。

さいかち窪から流れ出た黒目川の源流
さいかち窪から流れ出た黒目川の源流
湧き出し口方面は流れがあふれんばかりに
湧き出し口方面は流れがあふれんばかりに

普段、水流の見られる流路は、枯れて山道のようになっています。

湧き出し口最深部から下流方向を見る
湧き出し口最深部から下流方向を見る
さいかち窪に複数ある源泉の一部
さいかち窪に複数ある源泉の一部

おそらく武蔵野台地が緑で覆われていた古(いにしえ)は、枯れることなく泉が湧き、古代人や動物たちの恵みとなっていたことでしょう。

きっと例年の何倍もの降雨があった10月の天候が、途絶えていた湧水を一時的にせよ復活させてくれたのですね。長雨続きには私生活にも迷惑を被りましたが、こうした現象への遭遇には感謝しています。