オリジナル7-100発売中!

(マスコットは非売品)

神戸のブラボーしろうさま

エレファンテイルご愛用!

タバコケースアンプ

ボリューム付仕様始めました!

*懐かしのギャラリー

Original Pignose 7-100
Guitar Player誌 1977年

MESA/Boogie SANTANA Guitar Player誌 1981年

Greco EGF-1200

Sunburst Lady 1981年

Mosrite Japan 70's

The Ventures Model

Vol.3 IN-PUT には、オリジナルの顔を…

Pignose 7-100R は、オリジナル 7-100 と同様に、電源のスイッチが2段階になっています。ひとつはボリュームに内蔵されたスイッチ。

もうひとつは、インプット・ジャックに内蔵されたスイッチです。この2つで、できるだけスイッチの切り忘れを防止し、電池の消耗を防ごうとしたのですね。プレイヤーが開発に参画すると、シンプルなアンプなのに、こんな機能を持たせてしまうところが良いですね。

 ※レザーの色や質感に違いがありますが、どちらも 7-100R です。

さてオリジナル 7-100 には、重厚な欧米規格のジャックが装備されています。特に高級品指向で採用したのではなく、その堅牢さから米国製機材の標準品として普及していたものが使われているのです。

2番目のカスタマイズは、この欧米規格の「スイッチクラフト社製ジャック」を装備してしまおうというもの。内径は同じ規格なのですが、外形が若干大きいことで、オリジナル 7-100 に近づいた顔つきになります。ジャックとしての性能も、安定していて申し分ありません。


<お品書き

① 2段階スイッチ機能もそのまま!

スイッチを内蔵したジャックを使うことで、元の機能をそのままに、スイッチクラフト社製ジャックへ換装します。

  加工料:3,500円~ 部品代込、消費税別

 

②スイッチ機能はボリュームに限定。シンプル&ローコストに…

スイッチの無い、ノーマルなスイッチクラフト社製ジャックを搭載した、ローコストプランです。

ジャックの性能や外観は①と同様ですが、安全装置(笑)が1つ減るので、電源の切り忘れには注意してくださいね。

  加工料:3,000円~ 部品代込、消費税別