オリジナル7-100発売中!

(マスコットは非売品)

神戸のブラボーしろうさま

エレファンテイルご愛用!

タバコケースアンプ

ボリューム付仕様始めました!

*懐かしのギャラリー

Original Pignose 7-100
Guitar Player誌 1977年

MESA/Boogie SANTANA Guitar Player誌 1981年

Greco EGF-1200

Sunburst Lady 1981年

Mosrite Japan 70's

The Ventures Model

Vol.4 ボリュームにはスムースな変化を!

Pignose 7-100R には、再生産開始の直後には、オーディオテーパーという、聴感上スムースな変化に聞こえる仕様のボリュームが採用されていましたが、現行製品では、リニアテーパーという一般仕様のボリュームに、仕様変更されています。そのため、“途中からやや急にボリュームが上がるなぁ…”という感覚を、持たれた方もあるかと思います。

気にならない方、俺はフルテンだ!という方は、ノーマルのままでも良いのですが…

3番目のカスタマイズは、この「オーディオテーパーボリューム」に交換してしまおうというもの。Pignose 7-100R と同じ規格のスイッチ付ボリュームは、なかなか見つかりませんが、頑張って入手しました!

使ってみると、とてもスムースな音量変化に、きっとご満足いただけると思います。


<お品書き

①オーディオテーパーボリュームへの交換

音量変化がスムースに感じます。外観は変わりません。

  加工料:3,000円~ 部品代込、消費税別

 

②スイッチクラフト社製ジャックへの換装とセットで

部品が隣接しているため、同じ加工工程で作業できます。

お得なセット価格としましたので、併せてご用命ください。

 

a)スイッチを内蔵したジャック。

  加工料:5,500円~ 部品代込、消費税別

b)スイッチを内蔵しないジャック。

  加工料:5,000円~ 部品代込、消費税別