オリジナル7-100発売中!

(マスコットは非売品)

神戸のブラボーしろうさま

エレファンテイルご愛用!

タバコケースアンプ

ボリューム付仕様始めました!

*懐かしのギャラリー

Original Pignose 7-100
Guitar Player誌 1977年

MESA/Boogie SANTANA Guitar Player誌 1981年

Greco EGF-1200

Sunburst Lady 1981年

Mosrite Japan 70's

The Ventures Model

Vol.6 配線の交換

劣化した配線や断線しかかっている配線は、アンプの動作を不安定にするだけでなく、音質にも影響を与えてしまいます。

※電池を液漏れさせてしまうと、影響で配線も劣化してしまいます。

 

Pignose 7-100R の場合、配線は可動部の橋渡しも行っているため、エフェクターやギターの内部配線で流行っている線材(単線や硬めのより線)が適しているとは、必ずしも言えないと思います。

 

店主は品質と柔軟性の両面で線材選びをし、Pignose 7-100R に使用しています。また配線を交換する際、基板上の部品の装着状態も点検しますので、永く安定して使用されたい方には、特にお勧めします。


<お品書き

①おまかせ

前述の観点で、店主が選んだ線材を使い、配線します。

  加工料:5,000円~ 部品代込、消費税別

 

②ブランド(Belden)

インプットから基板までのシールド線に Belden #8216、スピーカーへのツイスト線は、店主が選んだ線材を使います。

その他、ご希望の線材がありましたら、ご相談に応じますが、インプットとスピーカー以外は電源の配線なので、高額な線材や希少な線材を投入する意味は、あまり感じられません。なお、配線を橋渡しするビニルチューブの太さに制限があるため、採用できない線材もあります

  加工料:6,000円~ 部品代込、消費税別