オリジナル7-100発売中!

(マスコットは非売品)

神戸のブラボーしろうさま

エレファンテイルご愛用!

タバコケースアンプ

ボリューム付仕様始めました!

*懐かしのギャラリー

Original Pignose 7-100
Guitar Player誌 1977年

MESA/Boogie SANTANA Guitar Player誌 1981年

Greco EGF-1200

Sunburst Lady 1981年

Mosrite Japan 70's

The Ventures Model

お客様より以下のお問い合わせをいただきましたので、臨時に Q&A コーナーを設けてご回答させていただきます。

Q:お店での試奏は可能ですか?

A:誠に申し訳ありませんが、作業場所を非公開としていること。

 所用での外出が多く日時のお約束ができないため、来店と試奏につき

 ましてはご容赦ください。

Q:レッドラベル Pignose 7-100 の購入を検討しているのですが、年代によって仕様に違いがあるのでしょうか?

A:これまで各年式のレッドラベルを100台以上扱ってまいりましたが、このアンプについては年式による音質の特徴は見いだせないと、見解を申し上げます。1973年頃から量産が開始され、82年には米国での生産を終了しております。この間、一貫して同仕様のスピーカーと基板が使用され、部品の定数も殆ど変わっていません。

※例外的に試作と思われる別仕様の基板がありましたが極少です。

 

 

 

仕様の違いは筐体の外観に顕著です。最初期はライトブラウンの合皮。

 

その次は濃いブラウンで質感も豚革に近い合皮。その次はスピーカーの位置が若干上に移動します。おそらくアセンブリし易くするためと思われます。

 

そしてラストまで再びライトブラウンの合皮(最初期とは若干違う)で生産されます。

 

 

 

最初期の仕様は電池ケースやACアダプタジャックが華奢だったりと未完成な要素が多く、実用というよりは状態の良いものが希少なためコレクターズアイテム的な見方をしています。

 

お勧めは、初期型以降でACアダプタジャックが3.5φに強化された仕様です。

 

 

 

当工房では先ず配線や基板の状態を確認し音出しを行います。

 

コンデンサーやトランジスタに異常があると音に影響しますので、これを交換します。コンデンサーは今日の物(経年した電解コンデンサーは使い物になりません)。

 

トランジスターは当時のデッドストックから使用しています。

 

メンテナンスを行ってエイジングを終えると、殆ど同じ音になります。

 

 

 

Pignoseを愛好される方で、コレクションに年式(仕様)毎に揃えるのをお手伝いしたことがありますが、やはり音は変わらないとおっしゃっていました。但しメンテナンスでコンデンサーを新しくすると音がシャキッとする。これは当たり前なのですが、故障寸前の状態では音像が暗く、歪みやすくノイズも増えます。

 

 

 

リイシュー品ではトランジスタがシリコンになって(これも好きずきですが)音ははっきり変わります。私はレッドラベルについては状態維持。リイシュー品については積極的なカスタマイズでヴィンテージ物とは違う魅力を打ち出すようにしています。どうかご検討のほどよろしくお願いします。