オリジナル7-100発売中!

(マスコットは非売品)

神戸のブラボーしろうさま

エレファンテイルご愛用!

タバコケースアンプ

ボリューム付仕様始めました!

*懐かしのギャラリー

Original Pignose 7-100
Guitar Player誌 1977年

MESA/Boogie SANTANA Guitar Player誌 1981年

Greco EGF-1200

Sunburst Lady 1981年

Mosrite Japan 70's

The Ventures Model

Vol.6 ZO-3 芸達者 フロイドローズ Mod.!

かねてから ZO-3芸達者にフロイドローズ・トレモロユニット(以後はFRT と表記)を搭載できないかとのご相談をいただいてはいたのですが、その度にボディ強度の限界いっぱいにルーティングされた ZO-3芸達者のキャビティを確認しながら、二の足を踏んでおりました。

そんな中、あるお客様より ZO-3芸達者の修理に加え、FRT の搭載に強いご要望をいただいたことで、ご相談の結果トライさせていただくことができました。レポートを経て加工メニューとして準備を進めます。


上掲はお預かり直後の状態です。ヘッドにはロックナット、コントロールにはスイッチが増設され、ダンカン製ピックアップに交換されていました。コントロール類は基板に直付されていたポットとスイッチを分離させ、ワイヤーで結ぶ補修が施されていましたが、機能していません。

FRT 搭載加工と共に電気系も補修するという大プロジェクトでした。

<先ず FRT 加工について>

ZO-3芸達者 の小さなボディに許容される追加ルーティングは僅か。

その搭載条件とお客様のご予算も考慮して、Wilkinsonライセンス品をセレクトし、併せてロックナットもセットの付属品に交換しました。

元のシンクロナイズドに比べて可動範囲も広くなったため、かなり際どいことは承知で、リセス加工(ローリセス)も施工しました。

結果は上々でかなり満足できる状態にこぎつけられましたが、芸達者のトレモロ用スプリングは元の装備を流用しているため、アクションについては、スタンダードな装備と比べて若干の相違が生じています。


上掲が FRT搭載アフターの状態です。ヘッドにはロックナット交換に加えて、テンションバー(これも付属品)も取り付けました。

搭載されていたダンカン製ピックアップはポールピースがスタンダードピッチでしたので、この時点でワイドピッチ(トレムバッカー)のダンカンデザイン製 HB102B(JB相当)に交換しました。また元のマウントリング(エスカッション)も FRT の可動範囲を制限するため、低くフラットな形状に交換してあります。これによりピックアップは弦に対してほぼ等距離で向うようになるので、感度アップも果たしています。

<電気系と仕上りについて>

前述の流れで、電気系の配線はほぼ再配線となりました。加えてポット寄りのスイッチは配線されておりませんでしたので、ただの再配線だとブランク(ダミー)になってしまいます。お客様とご相談のうえ、外側にあったパワースイッチをトーンコントロールに交換。内側のブランクだったスイッチをパワースイッチとし、誤動作防止のため短いショートハンドルタイプに交換しました。電気系の方は既存の加工跡を活用して機能的にまとめることができ、お客様にも喜んでいただけました。

お時間をいただいたうえ、細かい確認が続いてご心配をおかけしてしまいましたが、快くご対応くださったことに心から感謝申し上げます。

※ブルーの高輝度 “瞳LED” は、預り前から加工されていたものです。


<施工内容明細>

①フロイドローズ・トレモロユニット(ライセンス品)一式 搭載加工

②リセス加工(ローリセス)

③マウントリング(エスカッション)交換 → フラットかつ低いもの

④ピックアップ交換 → ダンカンデザイン HB102B(トレムバッカー)

⑤トーンコントロール追加(ボリュームと同形ノブ含む)

⑥パワー(電源) ON/OFF ショートハンドルスイッチ → 下げて ON

⑦電気系再配線

<お品書き>

上記<施工内容明細>のうち、①~③が必須となります。他はオプションというか、状態や必要に応じてご相談となります。

  加工料:未定(試算中です) 部品代込、消費税別

<ご注意ください!>

本メニューは ZO-3芸達者専用で、ノーマルの ZO-3 には承れません。ZO-3芸達者のトレモロユニットには、狭小ボディに対応した専用の部品が使用されており、フロイドローズ・トレモロユニットにセットされているスプリングやスプリングハンガーが使用できないためです。

→ 当該箇所は元部品の流用が前提。

仮に補修部品として ZO-3芸達者のトレモロユニット一式を入手されたとしても、ボディへの施工費用が ZO-3芸達者の本体価格に匹敵してしまう可能性があります。