オリジナル7-100発売中!

(マスコットは非売品)

神戸のブラボーしろうさま

エレファンテイルご愛用!

タバコケースアンプ

ボリューム付仕様始めました!

*懐かしのギャラリー

Original Pignose 7-100
Guitar Player誌 1977年

MESA/Boogie SANTANA Guitar Player誌 1981年

Greco EGF-1200

Sunburst Lady 1981年

Mosrite Japan 70's

The Ventures Model

Vol.4 ZO-3 カスタマイズ その他

#4-1 ステンレス・パーツ装備

新品の時はピカピカでも、使っているうちに錆びたり曇ってきたりするネジ類を、ステンレス・パーツに交換!

ZO-3のようにファンシーなギターには、劣化したパーツの渋さは似合いません。いつまでもピカピカのネジ類は、木部の中でも錆びることなく、錆びつきによるネジや本体の破損防止にも効果があります。

※ボディがプライウッド(合板)製の場合には、特に効果的です。


<お品書き>

①ネジ類のみの交換

お手持ちのZO-3がそこそこきれいなら、ネジ類の交換だけで効果があります。

  加工料:2,500円~ 絃・部品代込、消費税別

 

②ネジ類の交換と全体クリーニング

この際だから全部きれいにしてしまおう。というプラン。

解体してパーツのひとつひとつから磨き上げます。

状態によってクリーニングの方法や難易度が変わりますので、内容はご相談ください。

  加工料:10,000円~ 絃・部品代込、消費税別

#4-2 ネック側ストラップ・ピンはこの位置で!

ZO-3のストラップ・ピンは、ボディエンドとヘッドの裏に付いていて、どことなくアコースティック・ギター寄りの使い心地を感じますね。

 

写真のとおり、試しにジョイント部の突端に移動してみたところ、普通のエレキギターと同じような使用感を得られたので、お勧めに加えました。

 

ステンレス製のタッピングネジを採用し、深く・確実・美しく固定します。

 

※形状は、標準装備のストラップ・ピンと同タイプを使用します。

※ボディエンド側も、ステンレス製のタッピングネジで止め直します。

 

<お品書き>

ジョイント部の突端に、ストラップ・ピンを設置。

①ヘッド裏のストラップ・ピンを流用して移設。

  加工料:1,000円~ 部品代(ネジ)込、消費税別

 

②ヘッド裏はそのままに、新規にストラップ・ピンを増設。

  加工料:1,300円~ 部品代込、消費税別

#4-3 瞳のLEDを、お好みのカラーに!

ZO-3の新品状態では、レッドの瞳(パワーランプ)が標準。
グリーンイエローオレンジブルーピンク 等、お好みの色に交換します。強く輝く「高輝度LED」を好む方もありますが、電池の消耗も早くなるので、あまりお勧めしません。

ボディカラーとのマッチングで選ばれると良いでしょう。

 

<お品書き>

瞳のLEDを、ご希望のカラーに変更

発色の強さによって、基板の抵抗値を変えて調整します。

  加工料:1,500円~ 部品代別、消費税別

#4-4 ウルトラマンのカラータイマーが点滅!

ULTRAMAN-ZO の限定メニュー。

カラータイマーの点滅は本来“ピンチ”の象徴ですが、まぁいいじゃないですか。(笑)

 

<お品書き>

カラータイマーのLEDを、点滅LEDに変更

ノーマルと点滅の切り換えや、点滅のスピード調整は、別途に電子回路の組み込みが必要となりますので、ご相談ください。

  加工料:1,500円~ 部品代別、消費税別