オリジナル7-100発売中!

(マスコットは非売品)

神戸のブラボーしろうさま

エレファンテイルご愛用!

タバコケースアンプ

ボリューム付仕様始めました!

*懐かしのギャラリー

Original Pignose 7-100
Guitar Player誌 1977年

MESA/Boogie SANTANA Guitar Player誌 1981年

Greco EGF-1200

Sunburst Lady 1981年

Mosrite Japan 70's

The Ventures Model

Pignose 7-100(ピグノーズ 7-100)

修理・販売・カスタマイズ 承ります!

*伝説のアンプ Pignose 7-100 レッドラベル

店主のように Eric Clapton の 461 Ocean Boulevard をリアルタイムで聴いた世代から、映画「Crossroads」の主人公のように、先人からの勧めで Pignose 7-100 を手にした若いミュージシャンまで、年齢やキャリアに関わらず支持される、ポータブルアンプの永遠の逸品です。

  

店主は、このオリジナル 7-100 が持つ暖かくも豊潤な音色は、後世に引き継ぐ遺産であると考えています。カスタマイズによる音色の探究は後継機である リイシュー 7-100R の得意分野として、できるだけ元の状態を維持する修理・メンテナンスを推奨したいと思っています。

 

これまで何台ものオリジナル 7-100 を修理した経験を活かし、皆様に全盛期の性能を末永く楽しんでいただけるよう、これからも励みます。

 

新しくオリジナル 7-100 をお求めになりたい方、修理をご希望の方、お気軽にお問い合わせください。→ お問合わせにリンク

 

よくあるご質問のなかで、販売価格の設定について尋ねられることがあるのですが、基本的に音質・性能については同一レベルにあるものを販売しております。と、回答させていただいております。

 

 ・年式の古い(シリアルナンバーが若い)もの。

 ・オリジナルパーツや付属品(ACアダプタ等)が揃っていること。

 ・オリジナルコンディションで性能に問題がないこと。

 ・外観に経年劣化(レザーのキズや金具のサビ)が少ないもの。

 ・その他、仕様的にレアなもの。

 

こうした条件が揃っている程どうしても高額になってしまいますが、それは骨董品の常で入手価格もそれなりなので、どうかご容赦ください。

反対に年式が新しくコンディションが悪かったものでも、修理して性能が甦ったものは、できるだけリーズナブルな価格でご提供できるように努めておりますので、実用本位でお探しの方にはお勧めいたします。

 ※手間ひまやパーツ代をかけて修理した割には報われないのですが、

  それには再生に生きがいを見出しているので何とかやっています。

 

いずれにしても Pignose 7-100 のサウンドがご堪能いただけない製品は、決して販売いたしません。個体数に限りがあるため米国でも希少になっており、安定した入荷を確保することは難しいのが現状です。

発売中の商品をはじめ、お探しの仕様がありましたら、お気軽にご相談ください。

 

荒井貿易(現行リイシュー 7-100R:輸入・発売元)

 

*同 Pignose History

※ カタログ 2000年版より
※ カタログ 2000年版より